トップページ > ショップマネージャーとは 
 







 
 

ショップマネージャーとは


「販売なくして事業なし」という言葉があります。どんなに優れた商品があっても、売れなければ店舗の存在はできません。店舗を管理しその責任者は店長であり、ショップマネージャーと呼ばれる人になります。

当協会では店舗リーダーを2段階に分けております。2級ショップマネージャーは「主に客単価アップができる店舗リーダー」、1級ショップマネージャーは「主に客数アップができる店舗リーダー」として、「ゴールデンルール」を運用し業績アップする人。2段階の認定資格コースを用意しております。まずはお気軽に体験セミナーへご参加ください。





 

1.ショップマネージャーの役割


お客様の求めている希望や不安・不満・不便・不快なニーズを伺い、お客様にとっての最適な生活提案のできるアドバイザーが販売員の役割です。私たちは「商品やサービス」と「お客様」のベストな出会いをプロデュースする頼れる販売員を目指します。結果、お客様が幸せを実感できるサービス提供を追及するリーダーになることを目指します。
 

2.求められるショップマネージャー像


販売員としての心構え・販売技術・接客技術・販売促進策などの企画立案やマーケティングに至るまでの幅広く実践的な店舗水準の実現を追及します。さらに協会のプログラムを駆使して「業績向上の方程式」を開発し「仮説立案」し、マネジメントサイクルを回せるリーダーでもあります。
 

3.実際にどうすればいいのか


「ゴールデンルール」を学び実践し店舗のリーダーになるためには、まず2つのコースに参加することをお勧めいたします。
最初に「ショップマネージャー・2級コース」さらに「ショップマネージャー・1級コース」です。
実際に在籍しているご自身の店舗を活性化させ業績向上する体験をしていただきます。売上10%アップの体験です。実績向上が自信となります。
「学び3分に、実践7分」。すなわち学びの効果は3割程度、実践体験は7割の効果となって身につくのです。